Q

境界悪性腫瘍の病理診断セカンドオピニオンの意味

パートナーが卵巣腫瘍が見つかり、腫瘍のあった片側のみを摘出して病理検査(迅速ではなく術後の病理検査です)をした結果、漿液性の境界悪性のステージ1c (覆水細胞診陽性)でした。

担当医さんからは、気になれば病理診断のセカンドオピニオンを聞いてもいいですよ、とは言われましたが、境界悪性と悪性の診断が病理医によって異なる事はどれぐらいの頻度であり、病理検査のセカンドオピニオンを受けることにどれぐらい意味があるのでしょうか?

ちなみに妊容性温存のため、これ以上の追加手術は行わない方針に決めています。
(40代/女性)

質問者:シューマッハ さん

1人の医師からの
回答があります

新潟の皮膚科医 先生

新潟の皮膚科医 先生による、シューマッハさんの境界悪性腫瘍の病理診断セカンドオピニオンの意味への回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。