Q

子宮頚がん検診の経過について

昨年10月、細胞診 HSIL 中等度異形成
11月 組織診 中等度異形成
3ケ月毎の検査で経過観察をすることになり

今年2月 細胞診 CLASS3aASC-US

5月、先日受けた細胞診の結果が、CLASS2 NILM 異常なし とかえってきました。

検査の結果はだんだん良くなったようですが、半年前にはHSILが出て、HPV感染は明らかであったことを踏まえ、次回も3ケ月後の検診で経過を確認することになりました。

性交渉歴などから予測して、少なくとも8年以上前にHPVに感染していたと思われます。
細胞の異形成は軽快しても、HPVはまだ排除されていない可能性が高いという考えで間違いないでしょうか。
今後も(もしかしたら一生)、また異形成~がんに進展するリスクが潜んでいるのでしょうか。

とりあえず現状が良い方に戻り安心はしましたが、ずっとリスクは気にしなければならないのは気が重いです。

(40代/女性)

質問者:しお さん

4人の医師からの
回答があります

ティーゲル 先生

ティーゲル 先生による、しおさんの子宮頚がん検診の経過についてへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。