肘部管症候群術後の握力低下について

person20代/女性 -

lock有料会員限定

肘部管症候群の手術後の事で相談します。2年半前に右肘の尺骨神経皮下移行術をしました。元々右の握力は40kg程ありましたが、手術前には15kgまで落ちました。その後は少し戻ったのですが、去年の暮れ頃から握力がまた下がり始めました。しばらく肘を曲げたままの状態が続くと、弱い痺れがでることがあります。再発でしょうか。また、握力以外にも肘周りの筋肉があまりついてないと理学療法士の方に言われたことがあります。肘部管症候群が再発だった場合、いくら鍛えても筋肉は戻りませんか。今では利き手ではない左の方が力があり、両手で重いものを持つと左右で力が違うので、大変です。このままでも大丈夫でしょうか。再手術も考えたほうがいいのでしょうか。お願いします。

person_outlineコテツさん
7名の医師が回答しています

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師