Q
解決しました

胃粘膜下腫瘍について

62才の男性です。毎年春に人間ドッグを受診していますが、胃X線検査で、2013年に初めて透亮像とポリープが指摘されました。2014、2015年も同じでした。透亮像とポリープの記載のみで、付加情報はありません。この判定はいつもB(*)であり、精密検査も指示されませんでした。(*)僅かに異常を認めるが、日常生活に差支えなし。
ところで、これとは別に昨年10月、食道?に違和感があったため、市民病院で胃の内視鏡検査を受けました。結果は、軽い逆流性食道炎と胃及び十二指腸に小ポリープがあるが、心配しなくともよいとのことでした。その後、今年5月ドッグを受診したところ、胃粘膜下腫瘍疑い及びポリープがあるため、直ちに胃の内視鏡検査を受けるようにとのことでした。(ドッグに電話で確認したところ、2.3cmの胃粘膜下腫瘍疑いがあるとのこと。)それで昨年10月の検査結果を再確認する意味を含めて、同じ市民病院で内視鏡検査を受けました。結果は同じで小ポリープ以外異常はなし。担当医は、X線検査は色々な見え方をする場合もあり、こういう結果も時折あるというような言い方でした。
でも、この3年間透亮像とされてきた箇所(隆起性病変?)が、精密検査の対象に変わったのは何故なのでしょう。バリウム抜けとして3年様子をみていたが、無視出来ない大きさになったので、今回精検の対象としたのではないでしょうか?(ガイドラインでは胃粘膜下腫瘍は2cmが一つの線引?)気になるのは、同腫瘍は粘膜の下にあるため、隆起具合如何では、内視鏡より寧ろX線検査の方が見易い場合もあるという記述をみたことがあることです。
なぜこんなケースが起こるのでしょうか?(残渣物や泡が影響する場合もあるのは分かるのですが、2回も3回も同じことが起こるのは、ちょっと考えにくいです。)
別の病院でも調べてもらうべきかなと思ったりしているのですが。

(60代/男性)

質問者:パクチー さん

11人の医師からの
回答があります

気が付けばアラ還 先生

気が付けばアラ還 先生による、パクチーさんの胃粘膜下腫瘍についてへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。