Q

慢性胆のう炎患者の手術の必要性について

50代半ばの母の胆のう炎について相談させてください。

2年前に急性胆のう炎になり1週間ほど入院しました。
その後食生活を変え、脂質摂取量を制限することにより症状も落ち着いていましたが、半年ほど前から右腹部が痛むようになり、吐き気や膨満感も訴えるようになりました。病院を受診しCT検査をした結果、胆石が再発し石が3つ程あると診断されました。手術の必要有無については本人の判断に任せるとのことでしたが、胆のうが肝臓に癒着し落ち窪んでいることから、腹腔鏡手術は難しく20センチ程切開する開腹手術になるだろうとのことでした。

本件について、下記の質問について教えて頂けないでしょうか。
・胆のう摘出手術をしない場合、胆嚢がんに移行するリスクはどれほどあるのでしょうか。
・胆のう炎と胆のう癌はどのように見分けるのでしょうか。
・胆のうが肝臓に癒着している場合、腹腔鏡での手術は不可能なのでしょうか。
・開腹手術の場合、20センチも切開しないといけないのでしょうか。
・最近本人の腎臓の状態も良くないと診断されたのですが、胆のうと腎臓には何か関係はあるのでしょうか。

以上、恐れ入りますがどうぞよろしくお願いいたします。
(50代/女性)

質問者:Manzana さん

10人の医師からの
回答があります

相談医師 先生

相談医師 先生による、Manzanaさんの慢性胆のう炎患者の手術の必要性についてへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。