Q

原発性硬化性胆管炎のALP・γ-GTP値

四年前にPSCと診断され、2ヶ月に一度総合病院で血液・MRI等検査を受けています。2年前に総胆管結石でERCP後、発熱や腹痛が続き、ステントの入れ換え等で去年はERCPを三回受けました。現在ステントは抜去されています。今年に入ってからは発熱や腹痛も無く小康を保っていましたが先日の血液検査で以下のような結果でした。
「総Bil0.7、AST55、ALT53、ALP1127、γ-GTP240、CRP0.38、白血球4340」
私はいつもBil値やCRPはあまり上がらず、ALPとγ-GTPが高いのですが、それは胆管炎は起きていないが胆管の鬱滞があるということでしょうか?また、胆管が鬱滞するのは仕方ないにしても、そこから胆肝炎を起こさないようにするために注意すべき点はありますか?
(40代/女性)

質問者:こいめだ さん

7人の医師からの
回答があります

TKJ 先生

TKJ 先生による、こいめださんの原発性硬化性胆管炎のALP・γ-GTP値への回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。