Q
解決しました

肝細胞癌の治療後の、転移について

こんにちは、
以前はお世話になりました。
再度、
肝細胞癌 治療後に関して質問させて下さい。

肝細胞癌の内科的治療(塞栓術、ラジオ波、エタノール等)が成功しても、その数ヶ月後には肝臓の他の場所にまたガンが発見される、という事が多いそうですが、その理由を教えて下さい。

1: 一つのガンができた時点で既に小さなガンが
肝臓の他の場所にも飛んでるという事が多いのでしょうか?

2: 内科的治療したことで最初のガン細胞が刺激され、
他の場所にもガンが飛び散ってしまう為、数ヶ月後にはまた成長したガンが発見される、という流れなのでしょうか?

2番の場合、治療の合併症と考えられると思うのですが、
そのような合併症の発生率は高いのでしょうか?

ご回答の程お願い致します。
(70代以上/女性)

質問者:まるまる さん

6人の医師からの
回答があります

george 先生

george 先生による、まるまるさんの肝細胞癌の治療後の、転移についてへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。