Q
解決しました

隣接椎間障害と固定術のボルトの関係

何度かご相談させて頂いております。昨年10月にMIS-TLIFで、L5/S1の固定術を受けました。現在は少し痛い時がありながらも、
ジョギングなども5キロくらい出来るようになりました。隣接椎間障害についてですが、ボルトは抜く必要がないのは理解致しましたが、抜いた方が隣接椎間障害の確率は減りますか?まったく隣接椎間障害にならない方もいらっしゃいますか?ボルトを抜いた方が隣接椎間障害の確率が下がるならば検討しようと思います。
(40代/男性)

質問者:たえるくん さん

3人の医師からの
回答があります

すこやか 先生

すこやか 先生による、たえるくんさんの隣接椎間障害と固定術のボルトの関係への回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

こどもの病気・症状特集

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

    なし

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。