Q
解決しました

主人の肘部管症候群の治療法

初めて相談します。
主人なのですが、半年くらい前から右手の小指が痺れる、と言っていて、痛みはありませんが、痺れが治まらないので先日整形外科を受診しました。
医師からは肘部管症候群の疑い、と診断され、メコバラミン錠を二週間分処方されました。
次回受診時に検査するとのことだったのですが、病院からいただいた肘部管症候群について書かれたパンフレットを見ると、酷い場合手術が必要とあり、気が気ではありません。できれば手術はしてほしくありません。
肘部管症候群は薬では治らない病気なのですか?
手術以外での治療法はないのでしょうか?
ご返答お待ちしております。
(30代/女性)

質問者:AKAmama さん

8人の医師からの
回答があります

40代整形外科医 先生

40代整形外科医 先生による、AKAmamaさんの主人の肘部管症候群の治療法への回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。