Q
解決しました

LEGHの疑い

頸部ポリープの経過のため大学病院にて頸部の細胞診を実施しました。

総合判定陰性 総合クラス1 総合ベセスダMILM(陰性)

TCP(-) HIKラテックス凝集試験:ブラシ先端1+

とりあえずMRIをと言う結果を受けてMRIを受けてきました。数年前に実施したMRIと今回のMRIに著変が見られなこと、細胞診が陰性なこと、エコーでの診察では嚢胞の縮小が見られること、半年に一度の細胞診で陰性が続いている事、今回初めてラテックス凝集試験が1+と出た事を総合的に判断した結果診断はLEGH
の疑いとの事です。
経過観察のため4ヶ月に一度エコー(必要あれば細胞診)1〜2年に一度MRI
をと言うような説明でした。
たまたま主治医ではない産婦人科の医師と話す機会がありこの結果について相談したところ、なぜ円錐切除で病理検査をしなかったのか?
悪性に移行する可能性が高い?(主治医は全く判っていないので経過を観察していくとの説明)ので出産を望まないのであれば全摘出すがベストでは?
とのことでした。
主治医の説明は親切でとても分りやすいものだったので、納得して帰宅したのですが、癌に移行する可能性が高いと言う言葉が引っ掛かり、円錐切除で病理診断を希望するべきか?全摘出しか方法はないのか?悩んでいます。
次回の細胞診、エコー検査の結果での判断で手遅れになる?と言うようなことはあるのでしょうか?
詳しく教えていただけると幸いです。

(40代/女性)

質問者:kobarin さん

4人の医師からの
回答があります

雪国の画像診断医 先生

雪国の画像診断医 先生による、kobarinさんのLEGHの疑いへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。