Q
解決しました

シェーグレン症候群と関節痛

いつも大変お世話になっております。
以前関節痛と痺れでお世話になった者です。

 関節の痺れが3年前から始まり3月くらいから痛みに変わり痺れもだんだん広がり,食欲不振、だるさ、疲労感がとれなく、
 あれから日赤の神経内科で診て頂き、血液検査では何も異状なかったので、慢性疼痛と言うことで治療を受けていたにですが、肩関節の痛みが取れなく、膠原病内科にまわして頂き、やはり血液検査SS-A抗体、SS-B抗体異状はなかったのですが、もともとドライアイがあり検査をして頂き,口の乾の検査とどちらも陽性と言うことで、シェーグレン症候群と言われました。
 膠原病内科に先生には、内臓的には治療の必要はないから今までのドライアイの治療ぐらいです。と言われました。

 神経内科の先生には関節の痛みや痺れは慢性疼痛ですと言われました。関節の痛みや痺れはシェーグレンとは関係ないのでしょうか。
 もう一つ血液で陰性の場合、将来的に陽性になることがあるのでしょうか。
 それとは反対に更年期が落ち着くと、シェーグレンは治る可能性があるのでしょうか。宜しくお願いします。

(50代/女性)

質問者:ハル さん

5人の医師からの
回答があります

ピーちゃん 先生

ピーちゃん 先生による、ハルさんのシェーグレン症候群と関節痛への回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。