Q
解決しました

妊娠7ヶ月鼠径ヘルニアの治療方針と過ごし方

妊娠26週です。鼠径ヘルニアと診断されました。
最初は鼠径部の痛みと膨らみから始まり、2週間程あとから膨らみは陰部まで達するようになりました。
起床・立ち上がり・立ちっぱなしなどで痛みが出ます。
寝転ぶと膨らみはなくなります。

痛みが辛いので手術してほしいと考えていたのですが、大学病院で相談したところ手術は勧められないので経過観察しようということでした。
子宮が大きくなればヘルニアも落ち着く可能性があるからとのことです。
そこでいくつか疑問が出てきたので教えて頂きたいです。ご回答は1つの質問だけでも構いません。

なるべく脱腸しないように過ごす方が穴が小さくなりやすい、といったことはあるのでしょうか?
(そのために買い物などの簡単な外出でも控えたり、あるいは車イスで移動した方がいい、寝転んで過ごすべき、などあれば教えてください)

やはり基本、手術は出産後なのでしょうか?

このままヘルニアが落ち着かなければ、帝王切開を提案されるということはありますか?
(30代/女性)

質問者:しろくろ さん

5人の医師からの
回答があります

海和 靖昌 先生 プロフィールを見る

海和 靖昌 先生による、しろくろさんの妊娠7ヶ月鼠径ヘルニアの治療方針と過ごし方への回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。