Q
解決しました

頸椎損傷(6番)いぼ痔の手術においてのリスク

24才で頸椎損傷になり、腸骨を移植して固定しました。
しびれなどの感覚麻痺、反射があり一部運動が制限されています。
神経へのダメージが少なかったので歩行は可能です。
排便は便意が認識が悪く、ある程度の時間(10~15分)便座に座っていないと排便ができなく、痔が悪化してレベル3~4となりました。肛門科にて切除施術しかないと判断されました。
術後の排便コントロールが回復期間と関係性があると聞き及びましたが、便意が掴みづらい状況で切除施術してもリスクは健常者と同じでしょうか。肛門科の先生は頸椎損傷の患者さんにはあまり経験が無いようで、ここに質問させていただきました。
(50代/男性)

質問者:Ask さん

5人の医師からの
回答があります

ピーちゃん 先生

ピーちゃん 先生による、Askさんの頸椎損傷(6番)いぼ痔の手術においてのリスクへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。