Q
解決しました

多発性間肝転移の所見で今後の治療方針について

妻が三年前に直腸がんステージ2で手術をしてその後、定期検査を続けて再発転移なし。当時の病院では複数、肝嚢胞の存在の指摘あり。その後、転勤に伴い転勤先の病院で検査したところエコー、CTで影らしき存在があり判断不能のため追加でMRI検査したところ10mm前後の大きさで10箇所の多発性肝転移の所見。その為、Pet-CT検査を行ったが大腸がんからの肝転移も遠隔転移も何も映らず腫瘍マーカーもこれまで通り基準値以下(三年前の直腸がん手術前は腫瘍マーカーはとても上がっていて手術後に基準値以下に低下)のため経過観察するか抗がん剤を始めるか主治医から判断を求められ抗がん剤を始めることにしました。OX点滴投与(アバスチンとオキサリプラチン)とTS1服用を2クール。現在1クールを終えて2クール目ですが副作用で点滴投薬後の1週間はとても苦しんでいます。主治医からは2クール目が終わったらCTとMRIをやり小さくなっていればガンなので手術(MCN⬅マイクロ波で腫瘍を焼いてしまう手術)を検討、大きさが変わっていなけらば考えないといけませんねと言われました。この場合、1、良性腫瘍の場合は抗がん剤では小さくならないものなのでしょうか?2、腫瘍の大きさが変わっていなかった場合、今後、どんな治療方針が考えられるものなのでしょうか?なお主治医は肝臓は血液が集まる臓器で生検(針を刺して組織を採る)はガンを散らすリスクがあるのでこの病院ではやらないと当初言ってました。3、抗がん剤の副作用がひどいので大きさが変わらず抗がん剤の継続投薬を言われた場合、ガンの確定診断がない状況では正直とても辛いです。何かアドバイス頂ければ幸いです。
(40代/女性)

質問者:クロさん さん

5人の医師からの
回答があります

KJ 先生

KJ 先生による、クロさんさんの多発性間肝転移の所見で今後の治療方針についてへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。