Q

頸骨粗面前進術による治療について

4年以上前のバイク事故で
左下腿骨開放骨折
左膝関節拘縮
左大腿骨顆部骨折
左腓骨頸骨骨折
左腓骨高原骨折をおこしました。
半年後の抜釘手術と授動術により可動域が110度になりました。
4年後いま現在は変形治癒、膝蓋骨の低位、周辺の拘縮や大腿四頭筋の癒着などがおこり膝可動域が75度と不便になってきました。主治医やセカンドオピニオンもしましたが授動術のリスクは大きいようです。

膝蓋骨低位は一生治らないということを知り、足の筋力もジムなどで鍛えてはいるものの完全には筋力も戻らないようなので自信がなくなってます。

質問は膝蓋骨低位を伴う膝可動域制限に対して脛骨粗面前進術による治療をするというものがあるようです。
膝可動域は改善される治療なのでしょうか?

可能性があればと願ってます。
(30代/男性)

質問者:左ひざ さん

7人の医師からの
回答があります

まー 先生

まー 先生による、左ひざさんの頸骨粗面前進術による治療についてへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。