Q
解決しました

所見の内容について

子宮頸がんの細胞診の結果
多数の好中球を背景に、表層や中層細胞を主体に化生細胞が、見られる中、表層細胞に核腫大や不整に核クロマチンの不規則増量が見られます。
mild dysplasia LSILを考えます。

とかかれていました。

組織診断は、異常なしでした。

詳しく内容を教えてほしいです。
(30代/女性)

質問者:かりん さん

7人の医師からの
回答があります

とある医者 先生

とある医者 先生による、かりんさんの所見の内容についてへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。