Q
解決しました

薬剤の影響なのか、、、

前回セレニカでの副作用をきにしてご相談したのですが、
3週間前に検査をして先週結果が出たのですが
ASTが150,
ALTが344という数値でした。
時系列で書きますと

5/13ー事前検査でAST20,ALT23
セレニカR服用開始
1週間後、セレニカRの錠剤が飲みにくいのでデパケンRに変更
6/24ー検査その後2週間飲み続ける
7/1ー上記の検査結果でバルプロ酸の血中濃度は59.1だったもののAST150 ALT344となり、すぐ内科を受診するようにいわれ、その日のうちに総合病院で
検査、その際の値がAST133,ALT318でした。
それ以外の血液検査の数値的には問題が無いということで一週間後に再検査して数値がさがれば薬の影響だったということで確定しましょうという話でした。ちなみに結果表をみるとCPKが52と低く LDHは243とやや高めでした。その他は正常範囲内でした。
自覚症状は無いといえば無いのですが、右のふくらはぎに熱感があることと口がやたら渇くことです。
何も治療を行っていないので不安なのですが、このまま手遅れになってしまうということはないのでしょうか。そもそもこの数値自体、薬の服用で一般的にでる数値といえるのでしょうか。
(40代/男性)

質問者:str さん

17人の医師からの
回答があります

TKJ 先生

TKJ 先生による、strさんの薬剤の影響なのか、、、への回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。