Q

乳癌ターミナル期の診察までの経緯に疑問

よろしくお願いします。73歳の私の母について質問させていただきます。
平成12年左乳癌にて左乳全摘出
平成21年胸部に再発転移が見つかり化学療法開始。
その後、胸骨、肝臓に転移。
平成27年12月に薬剤性肺炎となり化学療法中止。肝臓の転移が拡大。
癌性胸膜炎にて平成28年7月5日入院。チェストドレーン挿入。
平成28年7月9日夜間転倒し、脳挫傷とくも膜下出血診断。翌日CTを撮ると左脳に脳転移発見。
余命3ヶ月宣告
1.乳癌の転移先は骨、胸部、肝臓、脳とされている。なぜ平成27年12月に化学療法をやめてから脳転移を疑って検査しなかったのか。
2.今回の転倒によるものが脳転移によるものかもしれない、また脳挫傷とくも膜下出血と重大インシデントが起こっている事。病院施設としての危険回避義務を怠った。
(40代/男性)

質問者:TY さん

4人の医師からの
回答があります

コンドロイチン 先生

コンドロイチン 先生による、TYさんの乳癌ターミナル期の診察までの経緯に疑問への回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。