Q
解決しました

肺がん骨転移の痛みのコントロールについて

父は現在82歳で、2年前の検診で両肺癌末期の状態と診断されました。今後の過ごし方の希望として、家でいつものように家族と過ごし、楽しみにしていた家庭菜園を続けてきました。
先日、足が痛いというのでMRIを撮ったところ、骨盤転移が見つかりました。ふだん痛み止めを内服することもなかったのでロキソニンで楽になったというのです。ですが、芯からの痛みが取れる様子ではないので、かかりつけ医の先生に強めの痛み止めを出して頂き、内服したところ、嘔吐、吐き気、めまいで1日でダウンしてしまいました。点滴で翌日には、食欲も復活しほっとした所です。骨折や急変時は入院ということは自覚しておりますが、父も、家族もできるだけ家で過ごしたいと思っています。食事を楽しみにしている父です。
先生方にご教授頂きたいのは、痛み止めの坐薬についてです。坐薬で今以上の痛みのコントロールはできるのでしょうか。また、副作用なども教えて頂ければ幸いです。
(70代以上/男性)

質問者:ぷにぷに さん

13人の医師からの
回答があります

ぷきのり 先生

ぷきのり 先生による、ぷにぷにさんの肺がん骨転移の痛みのコントロールについてへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。