Q

【小児喘息疑い】のための現在の治療法について

2歳10ヶ月の息子について質問させてください。

乳児の頃から、風邪をひくと咳が長引くことが気になっていました。

1歳を過ぎたあたりから、かかりつけの小児科で【小児喘息疑い】という診断をしていただきました。

自宅にて吸入治療を続けることを勧めてもらい、吸入用の器械を購入しました。

現在、体調の良し悪しに関わらず、必ず毎晩、インタール吸入薬1アンプルを吸入しています。

体調を崩した際は、インタール+ベネトリンの吸入に加え、シングレアを内服し、ホクナリンテープを貼付しています。

かかりつけ医によると、この方法を小学校に入るくらいの年齢まで続けた方がいいとのことです。

かかりつけ医を信頼しているので、特に、治療法に疑問があるわけではないのですが、

1.こんなにも長期間、毎日吸入治療をしていて、吸入治療をやめた時に、反動で悪化したりしないのか

2.インタールの長期使用は身体に負担はないのか

3.この治療法を続けていけば、小学校入学の頃には、風邪をこじらせにくい身体になるのか

以上3点を教えていただきたく思っております。

よろしくお願いいたします。
(乳幼児/男性)

質問者:ゆう さん

8人の医師からの
回答があります

すこやか 先生

すこやか 先生による、ゆうさんの【小児喘息疑い】のための現在の治療法についてへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,600人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,600人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。