Q

全身麻酔

質問者:たーろ さん
通報する

 幼児への全身麻酔が及ぼすリスクに関して、一般論的な所で結構ですので、ご教授戴けましたら幸甚です。
 先日ニュースで、幼児期(4歳まで)に全身麻酔を受けた方に対する、その後の長期影響について調べたところ(5~18歳を対象に調査)、知能指数や言語発達に遅れが見られたとありました。
 今、子供(2歳弱)の手術を主治医から提案されているのですが、その際に全身麻酔を行う予定なため、とても気になりました。もとの論文を読んで見ましたが(医学は完全な素人で誤読も多いと思います)、麻酔使用の年齢や暴露時間に幅があり、また調査対象も1986年~でした(医学レベルも当時と近年では違うように思いました)。非暴露者と違いあるものの正常範囲内で、検体数も限られ、麻酔以外の影響も否定できず、これまでの論文では必ずしも同様の結果が得られていないなど、著者らも指摘していましたがまだ不明瞭な所も多くさらなる研究が必要と感じました。ただ、親の目から見ると、やはりとても気になる研究です。
 アデノイド切除手術が提案されているのですが、命に係わる病気ではないため、主治医からも必須では無いとお話しをされています。ただ、早目に切除した方が、今後の成長に良いとして、手術を勧められています。先生とお話しした際には、まだ上記ニュースを知らず、麻酔の影響については相談できていません。
 切除手術自体は成長にプラスになるのであればとポジティブに考えていたのですが、命に関わるような必須の手術ではないこともあり、このニュースを見て悩んでしまっています。論文著者も書かれていましたが、手術による恩恵とのバランスも重要と思われ、もう少し検討しようと思っており、今後の参考にさせて戴きたく、現在 幼児に対する麻酔の影響について、どのような考えが主流なのか教えて戴けないでしょうか?
 何卒よろしくお願い申し上げます。
(乳幼児/男性)

ishiken 先生
麻酔科

ishiken先生

あくまでもラットにおいてですが、幼児期の吸入麻酔薬使用が脳に及ぼす影響を指摘する研究は散見されます。
しかし、質問者様のお調べになられた通り、人間における幼児期の吸入麻酔薬の影響は評価が定まっていないのが実情です。
アデノイド手術であれば、吸入麻酔薬を使用する時間は1時間未満でしょうし、大きな影響は無いのではないかと、一人の麻酔科医としては考えます。
残念ながら、科学的根拠を示す事は出来ませんが…

たーろさん

ありがとうございます。
ラット研究の情報、また幼児期の麻酔影響に関する評価の現状、アデノイド手術の時間からのご意見、とても参考になりました。素人ですが、論文を読んでも、なかなか評価難しい領域と感じていたため、ご意見大変ありがたいです。主治医、麻酔科医の先生とも相談し、方針を決めたく思います。

神奈川の耳鼻科医 先生
耳鼻咽喉科

神奈川の耳鼻科医先生

アデノイド増殖で睡眠障害があればそれが成長の足をひっぱります。
滲出性中耳炎が治らないなら将来的な難聴の懸念も出てきます。

どの様な症状がどの程度あるのか次第です。
軽ければ麻酔によるデメリットを考えて手術はせず酷いなら手術するメリットが麻酔のデメリットを上回るので手術する。
手術するかどうかはそれに尽きると思います。

たーろさん

ありがとうございます。
もともとは滲出性中耳炎に端を発しての受診だったのですが、今は中耳炎は治っています(季節的な問題かもしれませんが)。睡眠障害の方は、見る限りでは、たまにいびきはしているものの、そこまで酷くは無いと思っており、その辺りも含めて、今度 主治医の先生とも良く相談してみます。

神奈川の耳鼻科医先生

滲出性中耳炎も改善していてたまにイビキをかくくらいなら全身麻酔の影響云々を抜きにしても積極的に手術する必要はないかもしれませんね。

くまもん 先生
新生児科

くまもん先生

全身麻酔のリスクも確かにゼロではないのですが、その論文だけをみて、躊躇することはありません。
お子さんのアデノイドによる症状(睡眠時の無呼吸などでしょうか?)が強ければ、手術をお勧めしますが、時々熱が出る、いびきが大きい、という程度であれば、もう少し様子見でも良いかと考えます。

たーろさん

ありがとうございます。
論文へのご意見大変参考になりました。アデノイドの症状も、個人的にはそこまで酷くは無いと思っており、その辺りも含めて主治医の先生と様子見について相談してみたいと思います。

新潟の皮膚科医 先生
皮膚科

新潟の皮膚科医先生

確かに不必要であれば可能な限り全身麻酔はされないケースが多いです。
ただ必要な手術であればされる必要はあると思います。
手術のメリットが上回れば全身麻酔は必要であると思います。

たーろさん

ありがとうございます。
手術のメリットについて主治医の先生ともまずは良く相談してみたいと思います。

新潟の皮膚科医先生

そうされてみられてくださいね。
また何か不安なことがありましたらいつでも御連絡をお待ちしておりますね。

すこやか 先生
整形外科

すこやか先生

>命に関わるような必須の手術ではないこともあり
とのことですから、急ぎの印象ではないようですね。あとあと気になるようなら、見送るのもよいかと思います

たーろさん

ありがとうございます。
主治医の先生からも、必須ではないとのお言葉頂いておりますので、手術回避の場合の良し悪し含め、よく相談してみたいと思います。

すこやか先生

それがよいですね。また何かありましたら、ご相談ください。

kou40 先生
整形外科

kou40先生

現在の麻酔は非常に安全性が高いものとなっています。以前は認知症がひどくなるとかもろもろのことが言われていましたが、そういうことはありません。

たーろさん

ありがとうございます。
麻酔の安全性、大変参考になりました。先生方ともその辺りも含めて良く相談してみたく思います。

kou40先生

お大事にされてください。

かずえもん 先生
一般内科

かずえもん先生

不要であればなるべく全身麻酔は控えます。手術を受けるメリットがあるのであれば必要にはなってきますね。

たーろさん

ありがとうございます。
手術のメリット、デメリットについて、もう一度良く主治医の先生ともお話しし理解し、方針を決めたく思います。

かずえもん先生

また何かあれば相談をしてください。

あば 先生
皮膚科

あば先生

アデノイド切除なら短時間でしょうし,あまりそういったリスクは気にしなくていいと思います.

たーろさん

ありがとうございます。
他の先生からもご意見頂いておりますが、手術の内容から短時間が想定され、リスク懸念低いこと大変参考になりました。主治医の先生方とも良くお話ししてみます。

あば先生

お大事にして下さい。

masatochan 先生
耳鼻咽喉科

masatochan先生

アデノイドの手術は時間も短いので、全身麻酔のリスクも心配ないと思います。

たーろさん

ありがとうございます。
論文を読んで、暴露時間も重要なファクターだと思いました。まだお話し出来ておりませんが、麻酔科の先生とも相談してみたいと思います。

masatochan先生

分からないことがあれば、また相談してください。

たけぽん 先生
小児内科

たけぽん先生

アデノイドの手術は短時間でありますので、特には問題はないかと思われますよ

たーろさん

ありがとうございます。
手術が短時間であることから、リスク低いと考えられること、大変参考になりました。戴いた意見も参考に、主治医の先生とも方針について良く相談してみたいと思います。

兵庫県の内科医 先生
一般内科

兵庫県の内科医先生

アデノイドの手術は短時間ですので、問題ないかと思われます。

たーろさん

ありがとうございます。
暴露時間も重要なファクターになること、また短時間で懸念低いこと、大変参考になりました。主治医、麻酔科の先生とも良くお話しし方針を決定したく思います。

アギト響鬼 先生
一般内科

アギト響鬼先生

アデノイドの切除なら全身麻酔は心配はないと思います。

たーろさん

ありがとうございます。
アデノイドの手術ということで、麻酔時間等含め、大きな手術とは状況は異なるだろうと感じておりました。大変参考になりました。主治医の先生とも良くお話ししてみます。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
4,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

おすすめのQ&A

Q

乳児の全身麻酔について

5ヶ月の子どもが内斜視です。 少しでも立体視ができるように、見た目で傷つくことがないようにと思い一才一ヶ月で手術をしようと思っています。 ですが、ネットで乳児の全身麻酔は学習障害を引き起こすという研究結果があることを知りました。 命に関わるような緊急手術ではないだけに一才過ぎでの手術をするべきか否か悩んでいます。 ネットでの記事も一才を過ぎていたら大丈夫だとか、四歳以下は影響が出るとか様々で何を信じていいのか迷っています。 そこで質問したいことは ◎先生方のお子様や身内のお子様がこのような状況の場合どのような判断をなさいますか? ◎乳児の全身麻酔が学習障害を引き起こすという研究結果についてどう思われますか? (乳幼児/男性)

乳幼児/男性
Q

幼児の全身麻酔

2歳の子どもに先天性耳瘻孔があり、度々腫れるので手術を検討しています。年齢的に全身麻酔になります。 インターネットで検索したところ、4歳以下の全身麻酔は将来的に脳の灰白質、知能に影響を及ぼす可能性があるというアメリカの論文があるそうなのですが、実際どうなのでしょうか? 命には関わりませんが、何回も腫れると手術が難しくなってしまうそうなので悩んでいます。 (30代/女性)

30代/女性
Q

腱鞘巨細胞腫切除手術の麻酔について

左足の中指と薬指の付け根あたりにふくらみができ(気づいたのは2〜3年前だと思います)、ひょっとして自然に消滅するのではないかと放置していましたが、なくならないので、近所の整形外科医→大学病院で診てもらいました。 レントゲン、MRIなどから、「腱鞘巨細胞腫」ではないかとのことです。 現在、大きさは、2.1cm×2.4cm程度です。 必ずしも切除する必要はないとのことでしたが、切除して生体検査をする方法がある (それを勧められたと考えられる)ので、この際、手術で切除してもらおうと思います。 その際、局所麻酔でもできると言われました。ただし、「根性があれば」と言われました。つまり、全身麻酔や腰椎麻酔に比べれば、痛みはあるかもしれない、また、手術中、話し声や物音が聞こえるがそれらが気になる人もいる、というようなことを言われました。 私としては、局所麻酔で手術できるのであれば、それでお願いしたいのですが、 過去の足の腱鞘巨細胞腫のQ&Aを見ると、足指の腫瘍の手術の場合、腰椎麻酔が一般的で、 全身麻酔を使うこともある、局所麻酔で行うことはありませんと回答していらっしゃる 先生がいらっしゃったので、気になりました。 この場合、局所麻酔という選択は問題があるでしょうか。 つまり、腰椎麻酔や全身麻酔より、局所麻酔のほうが身体的、精神的にダメージが大きいという ことがあるうるでしょうか、というのが質問の趣旨です。 なお、補足情報として、次のことをあげておきます。 1 腫瘍自体には全く痛みはありません。押したり、動かそうとしたりしても全く痛みはありません。 2 MRIなどによれば、腫瘍が骨などに影響を与えているということはないようです。 3 上記大学病院の先生には、腰椎麻酔、全身麻酔で手術することもできると言われました。 4 これまで、私は腰椎麻酔、全身麻酔をかけられた経験はありません。

Q

腎臓癌

3年前に腎臓癌の為、右腎臓を摘出し、年初に左腎臓リンパ節に転移が判明しました。大きな病院を訪問し、静脈に近く手術は困難で命かけとの事で、分子標的薬の治療を提案されました。 訪問した2つの病院、いづれも同じ結果でした。 熟慮した結果、亡くなる事を覚悟した上でQOLを重視し分子標的薬は処方しませんでした。 半年後に腫瘍の成長を確認し、余命がどの程度であるかを確認する為に地元の病院でCTを撮ったところ、近々に神戸の有名な医師が手術の執刀で地元の病院に来られるそうで、手術が可能かを確認して頂ける事となりました。 結局、その先生と直接会話し、2ケ月後に手術する事が決定しました。 手術できる喜び以上に、何か腑に落ちない気分になりました。命に関わるような判断が、医師によってこんなに異なるものなのでしょうか。(質問1) 静脈を損傷した場合のリスクについてお聞きしましたが、既に右の腎臓がないので、手術の際は血流を止め、癒着があった場合は血管も一緒に切除しても問題はないと即答されました。 もし、この手法が通例ならもっと情報を共有すれば、告知で落胆せず、また、命を落とさずに済む方が増えると思います。 この手法は弊害があるのでしょうか。(質問2) 以上、宜しくお願いします。 (40代/男性)

40代/男性
Q

首に出来た小さなしこりについて

はじめましてよろしくお願いいたします。 2歳3カ月の男の子について。 首の後ろに十円玉より小さいですがしこりがあり、形成外科を受診しました。 先生は触診で幼児に良くできる良性の腫瘍でしょうと診察されました。 急を要する物ではないとも。切除するのであれば一泊二日で全身麻酔によりますとの事でした。このままいても小さくなることはないが、大きくなる可能性があるとか・・。その場では判断できずに帰ってきました。が、いろいろ考えるとどうして良性といるのか本当に切除は急がなくてもよいのか全身麻酔は危険ではないのかどんどん不安になってきました。また男の子から見て祖父、祖母ともにがんを患い祖母は40代でなくなっております。簡単な手術なのでしょうか?他の先生にも診てもらってから判断したほうが良いのかなととも思っております。様子を見るほど心に余裕がありません。かなりの心配性です。ご助言お願いいたします。

無料で見られるQ&A

Q

子供の手足口病の疑い

よろしくお願いします。子供は6才です。 子供の手足口病について教えてください。 4日前に手足口病の3才の子と遊びました。汗疹とおもっていたのが、手足口病だったようです。湿疹は水疱がある感じではなく、友達ももう咳とかからはうつらないよ!ってことだったのですが、その次の日そのお母さんが手足口病になりました。 うちの子はまぁ大丈夫だろうと思っていたら、今日熱は37℃5分くらいですが 手に1つだけ、ポツっとできています。 手足口だった場合どうしたらいいですか? 小学生なので、学校のこともあるしこの程度でも診察してもらう方がいいですか? 今日が土曜日で、明日明後日は病院がやっていないので迷っています。 (10歳未満/女性)

10歳未満/女性
Q

大人の手足口病

いつもお世話になります。 息子の手足口病が主人に感染してしまいました。 39度代の発熱と喉の湿疹から始まり今日で4日目ですが、手足の湿疹が酷く強い痛みもあるようです。 手足口病には特効薬がないということなので、初日に内科を受診して以降は受診していませんが、このような痛みはやはりひたすら我慢するしかないのでしょうか? PL顆粒を飲んでいますが、痛みは引かないようです。 また、先程赤っぽい尿が出たというのですが、手足口病で血尿が出ることはあるのでしょうか? 関係ないかもしれませんが、今日は水分をあまり摂らなかったそうです。 最後に、息子から主人に感染した手足口病が、また主人から息子に感染することはあるのでしょうか? よろしくお願いいたします。 (30代/男性)

30代/男性
Q

子宮頸がん検診で精密検査

今月子宮頸がん検診を受けて結果が届いたところ、要精密検査でした。去年まで異常なしだったのですごく不安で、検診をしてもらった産婦人科を受診しました。そこで精密検査をしたときに先生から診たところ異形成かなぁと言われました。軽度から中度かなぁとも…。ガンではないよと言われましたが、異常とか異形成と言われると心配も消えず…結果にもよりますが、正常に戻ることは可能ですか?来月結婚するので妊娠も希望しています。異形成でも妊娠、出産できますか? (20代/女性)

20代/女性
Q

こどもの自閉症の可能性

乳児の共同注意について。1歳1か月になる乳児です。後方の指差し追従ができません。こちらの視線をおってその方向をみるとゆうのもはっきり感じられません。この時期にこれができていないのは自閉症の可能性ありですか? 視線はあい、いないいないばー遊びします。要求の指差し、手さしありますがこちらを見るときと見ない時とあります。おもちゃを電話のようにする見たてもでき模倣もできています。 言葉の理解はありで、頂戴、どうぞなどは「はい」とゆってしてくれます。言葉は、アンパンマンを指差しパンパンとゆったりおっぱいをパイとゆったりします。あと家族の名前をゆうとその人の顔をみたり指差したりします。 指差し追従が気になります。視野内の指差しは名詞をつけてゆうとてきているようですが、名詞なしで「あれ、みて」だとむかない時あります。自閉症の可能性ありですか? (乳幼児/女性)

乳幼児/女性
Q

マンモグラフィの1方向と2方向の差

マンモグラフィ-で乳癌検診をしようと思いました。市民健診では50歳以上なので1方向した取らないらしく費用もかなり低めに設定されてます。2方向だと自費になると言われました。去年7月に無料で市民健診では1方向で異常なしでした。 やはり2方向のが方が良いのはあたりまえだと思いますが、どちらか良いのでしょうか? (50代/女性)

50代/女性

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
4,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。