Q

ホルモン療法の必要性

48歳ですが、10代の頃から生理周期が短く過多月経気味で貧血のため、鉄剤の服用を断続的に繰り返しています。
最近受診した婦人科のクリニックで、漿膜下筋腫6cmと1.8cmの2つの筋腫を指摘され、また前回の鉄剤の服用から2年経過していたこともあり、血液検査ではHb8.5と数値が下がっていました。
先生からはホルモン療法(GnRHアゴニスト)によるいわゆる逃げ込み療法を勧められました。筋腫のある状態で、鉄剤の服用だけで貧血を治療するのは非効率的という判断のようです。
今のところ筋腫によって生活に支障が出るほどの苦痛はなく、切迫した状態ではない(やや過多月経気味なのも貧血も筋腫ができる前からなので)と私自身は感じています。
このような状況で今ホルモン療法が必要なのか、鉄剤の服用やフェジン静注で経過観察ではダメなのか、疑問が湧いてきました。
ホルモン療法は強い薬で副作用もあるようなので、できれば避けたいです。
次回主治医の先生にもう一度相談するつもりですが、他の先生のご意見も伺いたく、質問させていただきました。よろしくお願いします。

(40代/女性)

質問者:マーブル さん

11人の医師からの
回答があります

星明かりの自由医師 先生

星明かりの自由医師 先生による、マーブルさんのホルモン療法の必要性への回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。