Q
解決しました

喉頭がんの治療法の選択

喉頭(声門)がん早期(0~1期)で放射線治療を行う場合、どの治療法が適していますか。(過去に2度レーザー手術歴あり)

定位放射線治療(ピンポイント照射)
IMRT(強度変調放射線治療)
サイバーナイフ

IMRTやサイバーナイフだと副作用・合併症が少ないなどの情報をよく目にします。
また、サイバーナイフは3~5日くらいの少ない日数で治療できるとあり、1か月半毎日通うのに比べると魅力的なのですが、早期の喉頭がんにも適応ありなのでしょうか?
前立腺がんでも放射線治療を行わなければならないので、治療期間が短いほうが何かとよいのですが・・・

(70代以上/男性)

質問者:NAO さん

6人の医師からの
回答があります

ぷきのり 先生

ぷきのり 先生による、NAOさんの喉頭がんの治療法の選択への回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。