Q

うどん先生ご教示お願いします(乳がんの治療方針)

こんにちは、以前 お世話になった者です。
再度、母(76歳)のことでご相談です。
7月上旬に右乳房全摘の手術をうけ、後日以下の説明を受け、化学療法+抗HER2療法を進められました。
・浸潤性乳管がん
・大きさ3.2cm
・リンパ節転移なし
・ER(-) PGR(-)
・HER2 スコア3+
・KI67 30%
主治医は、化学療法の臨床試験では、75歳を越える年齢の方のデータはありませんが、76歳とはいえ、お元気ですので、今後の再発のリスク低減を考え、化学療法+抗HER2療法をおすすめします」 とのことでした。
主治医からは、AC療法を3週に1回×4回。
続いて、タキサン系(3週に1回又は毎週を12週)+ハーセプチン(3週に1回を1年間)を考えています。」とのことでした。
ただ、母は18年前に、乳がんの化学療法(CAF)を受けた時の苦しさを覚えており、気乗りしていません。
いろいろと調べたところ、最近、副作用が少なく効果が同等である療法として、ACを省略して、パクリタキセルを毎週×12回+ハーセプチン3週に1回という方法を見つけました。
母は、高齢に加え糖尿病です。母の術後補助療法として、主治医の提案は、適切な療法でしょうか? ACを省略する療法の選択はあり得るでしょうか?
母の適切な、術後補助療法は何でしょうか?
術後化学療法をしない場合の再発率、生存率と化学療法した場合の再発率、生存率はいかがでしょうか? ご教示くださいましたら、幸いです。
(70代以上/女性)

質問者:さうざあ さん

1人の医師からの
回答があります

うどん 先生

うどん 先生による、さうざあさんのうどん先生ご教示お願いします(乳がんの治療方針)への回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。