Q
解決しました

免疫療法と分子標的薬

肺腺癌です。4か月ほど前にLAKリンパ球療法として3回ほどリンパ球をいれました。その後EGFR陽性でイレッサを服用となったのですが、このリンパ球療法があるので最低一年はイレッサを服用できないと言われました。呼吸器学会か厚生省からの通達だとのことです。実際はどんなものなのでしょうか?
(50代/女性)

質問者:西戸部 さん

1人の医師からの
回答があります

KJ 先生

KJ 先生による、西戸部さんの免疫療法と分子標的薬への回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。