Q

診断が異なるのですが

7月の中旬、起床時に突然、左目の視野に、閃光が見え、それが断続的に継続していたので、受診したところ、後部硝子体剥離による症状と診断されました。その後、これまでは、時折、小さな虫のようなものが見られる程度だった飛蚊症の症状が、昨日の朝、急に悪化し、左目の視野の上下に、大きな虫のようなものと、それをつなぐ、蜘蛛の巣のような線状のものも、見られましたので、受診しようと試みたのですが、すでに受付が終了ということで、午後、別の眼科で、検査を受けたところ、後部硝子体剥離は見られない、生理的飛蚊症でしょう、と言われました。
二人の医師の診断が全く違うのですが、後部硝子体剥離の診断は、専門医でも難しく、診断に相違が出ることもあるのでしょうか。
因みに、最初の医師は、網膜裂孔の可能性も否定できないので、今後も定期検査が必要ということで、予約を頂いておりましたが、昨日の医師は、定期検査は必要ないと言っておりました。
ご回答頂ければ幸いです。

(50代/女性)

質問者:Sarah さん

7人の医師からの
回答があります

めだまマン 先生

めだまマン 先生による、Sarahさんの診断が異なるのですがへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。