Q

副咽頭間隙腫瘍について経過観察とした場合のリスク

首の右側に腫れを感じ受診したところ、副咽頭間隙腫瘍との診断を受けました。腫瘍については、MRI画像等から神経由来のものと思われ、ほぼ良性だろうと言われています。初診時に比べて大きくなっている傾向があるので、手術も視野に入れるよう医師から言われましたが、現時点で腫れ以外の症状が無い中で、術後に生じる合併症のリスクを負っても手術をすべきか迷っています。
そこで質問です。手術をせずに経過観察とした場合、どのようなリスクがあるか教えてください。
(30代/男性)

質問者:おとうさん さん

3人の医師からの
回答があります

神奈川の耳鼻科医 先生

神奈川の耳鼻科医 先生による、おとうさんさんの副咽頭間隙腫瘍について経過観察とした場合のリスクへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。