Q
解決しました

特発性血小板減少性紫斑病

中学1年生の息子が、8/3にITPと診断され8/29にまで入院をしていました。当時の症状は、全身筋肉痛のような痛み、全身にアザ、胸を中心に点状紫斑、歯茎からの出血、鼻血、血尿、頭痛、倦怠感、発熱(37.5℃前後)でした。入院時の血小板は0.1。ポリグロビンを投与するも0.5までしか上がらず、頭痛も酷く、プレドニン1日60を開始。
血小板4.2になりプレドニン30に、血小板6.3になりプレドニン15に、血小板7.4になりプレドニン10に、その3日後には5.4、またその3日後には4.5と下がるも、プレドニン10のままで、全身症状も改善されたため、血小板4.5で退院。その3日後、外来受診日で採血するも血小板1.4。
点状紫斑も少しまたでできて、プレドニン30に増やして3日後受診するように言われましたが、また、歯茎からも出血しはじめ、頭痛と微熱もあるため、心配になり病院に電話するも、担当医は、鼻血が出ていなければ、様子をみて大丈夫。プレドニンも30に増やしているので、血小板も1.4から上がってくるのを待っているところだから、様子をみて大丈夫と言われました。
退院時、血小板が2万以下になったら再入院で、ポリグロビン投与とプレドニン内服を両方すると言われていたのに....。治療に不安が残ります。このままでよくなっていくのてしょうか。このままではダラダラと治療しているようにしか思えません....
(10代/男性)

質問者:ゆみこ さん

5人の医師からの
回答があります

居残り医師 先生

居残り医師 先生による、ゆみこさんの特発性血小板減少性紫斑病への回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

こどもの病気・症状特集

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。