Q

陣痛促進剤を使うリスク、使わないリスク。

現在、41週0日です。

出産予定日を過ぎ、
・陣痛なし
・胎児の心拍数に問題ない
状態です。

以下の2点、どちらがリスクが大きいか教えていただくことは可能でしょうか?

(1)陣痛促進剤を使わず、42週までこのまま様子見る
→胎盤の機能の低下等は心配ないか?(低下を経過観察して早期発見することは可能か?)
→胎児の心拍が落ちてから、帝王切開や陣痛促進剤を投与する場合、
 心拍が落ちてから復帰するまでの期間が長い場合のリスクは何がある?

(2)陣痛促進剤で、出産を促す
→薬の副作用(自閉症、子宮破裂や頸管裂傷、胎児機能不全)

(1)と(2)、どちらがリスクが大きいでしょうか?
言葉だけでは、分からない部分もありますが、何とぞ、よろしくお願い申し上げます。
(妻がとても大切です。どうかよろしくお願いいたします)

※基本的に自然分娩を進めている産婦人科で受診
※対象者はイーケプラを服用している
※顕微鏡受精で妊娠
(30代/女性)

質問者:まいの旦那 さん

5人の医師からの
回答があります

北の産科爺 先生

北の産科爺 先生による、まいの旦那さんの陣痛促進剤を使うリスク、使わないリスク。への回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。