Q
解決しました

術後の残存する癌の治療の進め方

今後の治療について悩んでいます。
本年1/26に子宮体癌・卵巣癌・それらの癌が直腸尖通・リンパ節転移
により手術、以後パクリタキセル・ガルボプラチン抗癌剤治療6回→
CT結果から、主治医は「癌は残存するが,これ以上の手術は
ここではできない。経過観察としたい」との意向でした。
CT診断医師のコメントです。
『オーダー:1/26 OP(膣上部切断術+両側付属器切除、人工肛門増設)
直腸前面に腫瘍残存、化学療法(TC療法6)コース終了の評価を。
【評価】
膣断端に一部石灰化を伴う38mm大の腫瘍を認める。
腫瘍前面左側に造影効果の強く、周囲が充実性の嚢胞性病変とその背側に
比較的壁の薄い嚢胞性病変を認める。残存した原発巣を疑う。
術前の画像にて同様に嚢胞上のリンパ節転移を認める。内側腸骨リンパ節
廓清の程度が不明だが、遺残もしくは再発を疑う。
周囲に小腸の癒着を疑う。明らかな肝転移は認めない。
膵臓腎臓に異常所見は認めない。腹水貯留を認める。
左肺尖部ブラを認める。明らかな肺転移は認めない。胸水貯留は認めない。
右肺S4末梢に4mm大の淡い結節影を認める。まず炎症性結節を疑う。
明らかな縦隔リンパ節腫大は認めない。
子宮体癌術後 断端部から左側腸骨動静脈領域に腫瘍性病変を認める。』
評価は診察後渡された物で、次回診察は1ヶ月後で質問しています。
理解できない点は
>比較的壁の薄い嚢胞性病変を認める。残存した原発巣を疑う。
>周囲に小腸の癒着を疑う。
>腹水貯留を認める。
>まず炎症性結節を疑う。
>子宮体癌術後 断端部から左側腸骨動静脈領域に腫瘍性病変を認める。
です。これらを教えて頂ければ幸いです。

今は普通に近い生活が可能ですが、評価からする深刻な状態かと思います。
今後の治療はどのように進めていったらよでしょうか。
宜しくお願い申し上げます。

(50代/女性)

質問者:J さん

2人の医師からの
回答があります

赤荻 栄一 先生 プロフィールを見る

赤荻 栄一 先生による、Jさんの術後の残存する癌の治療の進め方への回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。