Q

黄斑変性、硝子体注射または光線力学療法

特発性脈絡膜新生血管(若年性黄斑変性)の治療についてです。2004年頃から光線力学療法が登場し、今では、ルセンティス硝子体注射が主ですが、効き目がなくなるとまた新生血管から浸出が始まり、5月、6月、8月と3回これまでルセンティス硝子体注射を受けました。同じ病気のかたと待合室でお話しすると8回目とのことでした。この先いつ脈絡膜新生血管が退縮してくれるのか検討もつかず不安な日々です。ネットで色々調べていると光線力学療法のほうが新生血管を、閉じ、させることが出来るような印象を受けたのですが、どちらが有用かお考えを知りたいです。
(20代/女性)

質問者:まごめ さん

1人の医師からの
回答があります

doctol 先生

doctol 先生による、まごめさんの黄斑変性、硝子体注射または光線力学療法への回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。