Q
解決しました

子宮全摘の必要性について

これまでの現病歴です。
・2006年子宮頸がん0期で円錐切除術。
・2008年、2010年に将来のガン化予防としてレーザー焼灼の治療。
・2012年、HSILで再度円錐切除術(病理検査でガン見つからず)
・2016年、LSILがみられたため7月に組織診。三箇所採取のうち1箇所から中等度異形成。8月の細胞診で、LSIL、HPV58型でした。
この10年間、良くなる事はなくこんな状態が続いていますが、先生から子宮全摘のお話はありませんでした。ですが先生が異動されて、今月から新しい先生に変わった途端に全摘のお話だったので、どうすればいいか、すぐに返事はできませんでした。確かに、ずっとガンに進むんじゃないか・・とビクビクして過ごすより、いっそ取ってしまった方が楽なのかな、とも考えますが・・。
他の先生方のご意見も聞きたく、ご相談させていただきました。
よろしくお願い致します。
(40代/女性)

質問者:Rおじさん さん

17人の医師からの
回答があります

パート婦人科医 先生

パート婦人科医 先生による、Rおじさんさんの子宮全摘の必要性についてへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。