Q
解決しました

頸椎ヘルニアによる痺れの原理

2年前に頸椎ヘルニアと診断され現在も理学療法によるリハビリ中の者です。
1年前に痺れ症状もなくなり、完治に向けて治療を続けていたのですが、先日、ストレートネック改善に効果があるという首の運動をしてから、痺れがぶり返してしまいました。

痺れが出る原理について質問です。
何らかの理由でまだ残っているヘルニアが神経を圧迫してしまい、その神経が炎症を起こし腫れることで血流が悪くなり、末梢神経にダメージが残り痺れ症状が出ると主治医に説明されました。
そのため、消炎鎮痛薬で炎症をとり、末梢神経の回復を待つことで痺れはとれるということでした。

この説明に間違いないでしょうか?ご意見ください。
(30代/男性)

質問者:マキシマ さん

18人の医師からの
回答があります

関西整形外科 先生

関西整形外科 先生による、マキシマさんの頸椎ヘルニアによる痺れの原理への回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。