グリチロン:腎保護に使われています。

person50代/女性 -

lock有料会員限定

治療開始から11年経過。51歳女性。
外傷から両母指CM関節症を発症し、外科治療に適応がないため、装具・薬物で保存治療をする全身管理に、手外科主治医と併行して内科主治医の診療を受けています。
当初は、NSAIDsによる胃腸障害や、薬剤アレルギーのフォローが、内科診療の主なものでしたが、3.4年前より、Cr軽度上昇(0.96まで上がり)が見られ、担当医が腎臓内科も専門としていたために、以来、2ヶ月に1回の血液尿検査で経過観察をしています。
先月のCrは、0.82でした。

関節症の治療をしているので、ステロイド内服はしたくなく、腎臓保護のために、ノイチーム30mgを服用していました。
メーカーの販売終了のため、ノイチームが使えず、同系統の薬がないために、以来、グリチロン2Tが処方されています。

カロナール服用時に肝障害を起こしたことがありますが、現在はoffにて改善し、GOT17・GPT14・γGTP22と、基準値内です。

グリチロンが腎臓保護に役立つという意味を、分かりやすく教えていただけませんか。

person_outlineサスイさん

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師