Q
解決しました

神経痛性筋萎縮症の治療について

一昨年に自己免疫性膵炎を発症し、昨年夏には神経痛性筋萎縮症を発症しました。左足の股関節から膝にかけて痛みと脱力が強く、左手にも痛みと脱力があり、握力も14しかありません。歩行時には、膝折れが起こるため、現在は装具を付けております。治療は、まずステロイドパルスや免疫グロブリンの投与をおこないました。最近、左足の脱力が強くなり、入院して免疫グロブリンを投与したのですが、効果がありません。この1ヶ月の間に左足は更に細くなってきています。前に足が出しにくくなってきており、転びそうなときもあります。
このような状況で、何か他の治療法はあるのでしょうか?例えば、再度ステロイドパルスをおこなうとか、ステロイドを服用するとか、或いは、何かおこなったほうが良い検査とかあるのでしょうか?今、考えられるのは、リハビリを継続するしかないのでしょうか。右側の臀部から膝にかけてと右肩も痛みがあります。日に日に状態が悪くなっていくようです。色々とすみませんが、よろしくお願いいたします。
(40代/男性)

質問者:もぐ さん

13人の医師からの
回答があります

新潟の皮膚科医 先生

新潟の皮膚科医 先生による、もぐさんの神経痛性筋萎縮症の治療についてへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。