Q
解決しました

低悪性肉腫、手術の延期に伴うリスクについて

低悪性の子宮内膜間質肉腫の進行について

9月中旬に低悪性の子宮内膜間質肉腫の可能性がある、と診断され10月末に子宮・卵巣の全摘出手術を主治医から提案されています。
しかし、諸々の事情から私自身は12月末の手術が希望です。

現在、腫瘍の顔つきは良く、リンパへの転移は無い(MRI.PET-CTの画像診断より)との事。

摘出手術が2ヶ月遅れる事で、腫瘍の進行転移や自覚症状など、どのくらいリスクがあるものでしょうか?

早めの手術がベストである事は重々承知の上です。
(40代/女性)

質問者:有田 さん

3人の医師からの
回答があります

あっけし 先生

あっけし 先生による、有田さんの低悪性肉腫、手術の延期に伴うリスクについてへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。