Q
解決しました

誤嚥を防ぐ嚥下リハビリの効果について

2001年に、舌癌になり放射線針で内部照射を5日程施術。
その際、頚部にも外部照射を行った。(切除はなし)
2008年には、下咽頭ガンで放射線照射を施術。
現在、下咽頭ガン発症により、抗がん剤+放射線治療を施術。

最近は、飲み込みの際にむせる事が多くなり、DRの指示どおり、嚥下のリハビリを行っています。その際、舌もかなり小さくなっているから舌の筋肉を増やすリハビリも一緒にやるようにと言われました。
むせの原因は、放射線治療の副作用と、昔の舌の放射線の影響が徐々に出てきていて、舌が小さくなっているのも原因のひとつだといわれました。

先生に教えてもらったとおり、自分でやっていても、このリハビリが効いてるのか効いてないのか、やり方が正しいのかもいまいち確信出来ず、
継続する事で、効果がでるものなのか不安になりました。

嚥下のリハビリと一般的に言われている、舌(舌を出したり、ひっこめたり)と喉(頭部挙上訓練)のリハビリは個人でやっていても、いずれ効果があらわれるものなのでしょうか?
それは、一般的にどれぐらい(期間)で現れるものなのでしょうか。
(50代/男性)

質問者:さぶろう さん

14人の医師からの
回答があります

Med00 先生

Med00 先生による、さぶろうさんの誤嚥を防ぐ嚥下リハビリの効果についてへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。