Q

ハードコンタクトの酸素透過率と眼への弊害について

ハードコンタクトの酸素透過率のついて質問があります。

私の使用しているハードコンタクトレンズの酸素透過率は27dk/Lととても低く、角膜内皮細胞の数を減少させる等の不利益がないか心配です。
このことを友人に話したところ、ハードコンタクトはソフトコンタクトとは異なり、酸素透過率が重要でない旨、この数値にこだわっているのは日本のみだと伺いました。

しかし、非ガス透過性レンズで過去にあれほどの弊害がでた以上、酸素透過率が重要でないとの主張が奇異に感じられ、もっと酸素透過率の高いレンズに買い換えようか迷っています。

健康のためには買い換えるべきでしょうか。それとも友人の主張が正しいのでしょうか。
(20代/男性)

質問者:みやたか さん

12人の医師からの
回答があります

循環器内科医MK 先生

循環器内科医MK 先生による、みやたかさんのハードコンタクトの酸素透過率と眼への弊害についてへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

    なし

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。