Q

人工股関節置換術後の脚長差と爬行について

本年2月と8月にそれぞれ左・右と両股関節の人工関節置換術を行いました。
2月の左は初めてですが、右は35年前に骨きり術を受けており2度目です。
担当医からは、8月の右を行った時点で脚長差をなくしたといわれております。
脚長とはどこを計るのでしょうか。
骨盤のゆがみ等が出ていれば、単純に脚長差なしと言われても実際の歩行に影響する観点での「脚長差なし」といえないのではないのかと思ったりもしています。
一版に両人工股関節置換を実施する整形外科医が言う「脚長差なし」は、実際に歩行するに際しての脚長差がないですよといっているもと受け止めていいのでしょうか。
このまま筋力がついてくれば、爬行も無くなると期待していいのでしょうか。
有効なリハビリの方法等があれば教えてください。
よろしくお願いします。

(60代/女性)

質問者:ブラックジャック さん

11人の医師からの
回答があります

はまちゃん 先生

はまちゃん 先生による、ブラックジャックさんの人工股関節置換術後の脚長差と爬行についてへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。