Q

分子標的薬治療等の適応について

80才の父は胃癌を患っていますが、肺がん切除やその後の気管支拡張症等が重なって肺活量が1300しかないなどの身体状況から、胃癌よりも肺のほうが優先するということで、気管支拡張症に関しては クラリス200×1日2錠の少量長期投与、スペリア200×1日3錠、オーキシス9μ×1日2回の吸入を続けながら経過観察になっています。
ところで、最近テレビで「高齢者にやさしい低位照射」とか「分子標的薬治療」という言葉を耳にしましたが、これらの中で気管支拡張症に適応できるものがあるかどうか、また、対応できる場合にはその期間はどれくらいで、薬や放射線の副作用はどの程度のものか、体力的に耐えられるのか等について御教示下さい。

(70代以上/男性)

質問者:ゆみちっち さん

4人の医師からの
回答があります

きゅうり 先生

きゅうり 先生による、ゆみちっちさんの分子標的薬治療等の適応についてへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。