Q

異所性副甲状腺腫瘍のアフターフォロー

異所性副甲状腺腫瘍のアフターフォロー

2014年11月に、母親(当時61歳)の胸腺に腫瘍が見つかり、2015年1月下旬に手術を受けたところ、異所性副甲状腺腫瘍との診断を受けました。
これは、非常に珍しい疾患とのことで、予後も全く分からないと言われています。

腫瘍自体は病理医より、悪性ではなかった旨を診断頂いておりますし、その後の検査でも、血中カルシウム濃度も基準値内で、特に異常は見つかっていません。

今は年に1度、CT検査を受けているのですが、放射線被ばくの心配があります。
それでも、術後5年位は、CT検査を受けるべきでしょうか? あるいは、悪性腫瘍でなかったため、CT検査は見合わせ、レントゲンや血液検査にとどめるべきでしょうか?

恐れ入りますが、ご見解を教えていただけますと幸いです。
よろしくお願いいたします。
(60代/女性)

質問者:ふくふく さん

14人の医師からの
回答があります

神奈川の耳鼻科医 先生

神奈川の耳鼻科医 先生による、ふくふくさんの異所性副甲状腺腫瘍のアフターフォローへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。