Q
解決しました

子宮頸がんと咽頭がんの関連

子宮頸がんと咽頭がんの検査についてです。

子宮頸がん検査でHPV陽性、細胞診で軽度異形成でした。
今後も定期的に頸がん検診で経過を見ていく予定です。

以下質問です。

1.二年前に3カ月ほどで別れたパートナーがおりましたが、性接触での感染ならその人しか身に覚えがありません。
HPVの型は検査では言われなかったのですが、2年で異形成まで進むというのはハイリスクの可能性が高いのでしょうか。また、ハイリスクかどうかを医師に診断してもらった上で経過観察を行うべきでしょうか。

2.HPVウイルスによる咽頭がんとの関連が言われており、心当たりがあり不安です。喉が弱くて炎症しやすく、1年ほど前から副鼻腔炎にかかりやすくなった気がします。
咽頭がんの検査を受けたほうがいいでしょうか。

3.咽頭がんの検査は現在受診している婦人科の医師に申し出て耳鼻咽喉科の紹介を受けるべきでしょうか。近所の耳鼻咽喉科で咽頭がんの検査は受けられるのでしょうか。

大変不安に思っています。ご回答いただけましたら幸いです。
(30代/女性)

質問者:ゆうな さん

1人の医師からの
回答があります

ぷきのり 先生

ぷきのり 先生による、ゆうなさんの子宮頸がんと咽頭がんの関連への回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。