Q

PETーCT検査結果の報告書の読み方について

半年前に直腸のステージ4、Cで手術不可、余命8か月を宣告されました。モルヒネなしではいられなかったのですが、漢方とサプリp53誘導体グルコースで、3か月後には鎮痛剤が不要となり、8月のPET検査ではほとんど遠隔転移もなくなり消えたかのように思えました。ところが、転倒時、ろっ骨にひびが入り、その後で坐骨神経痛が酷かったので不安になり、PET検査を再施行したところ、骨全体への転移を指摘されました。
直腸Rs~Rbに壁肥厚、SUV5.2、増悪。右総腸骨動脈~腹部傍大動脈リンパ節に腫大、SUV8.0、リンパ節転移。仙骨~仙腸関節SUV13.2。左右腸骨TH2.7.8SUV8.6、右第7,8肋骨SUV7.3、右肩甲骨SUV8.1に溶骨像や硬化像。骨転移であることは分かりますが、そんなに急激に転移が広がる事があるのか、またそれほど深刻な状況でしょうか。
(60代/男性)

質問者:りっとも さん

1人の医師からの
回答があります

放治丸 先生

放治丸 先生による、りっともさんのPETーCT検査結果の報告書の読み方についてへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。