Q

伝染軟属腫(みずいぼ)について

孫のみずいぼについてお尋ねです。

母親の不注意もあってみずいぼの数が多くなり、ピンセットで潰すのも痛がって可愛そうです。

内服薬かレーザーで焼く等他の治療はありませんか?

質問者:さかもと あきら さん

月のうさぎ 先生
皮膚科

月のうさぎ 先生

みずいぼは、ウイルスで起こるイボの一種です。5,6歳くらいまでの小さなお子さんにはよく見られます。すぐ治る子もいますし、取っても取っても繰り返すお子さんもいます。
ウイルスですから確かにうつりますが、感染力は強くありません。

自然治癒する病気ですが、確実に治療するには、つまんで取るのが一番です。ただ、ごく小さいものはつまみにくく、痛い思いだけさせて取り残すことが多いので、あまり小さいものは私は無理にはとりません。スキンケアをしながら、自然に治るのを待つ、或いは取りやすい大きさになるのを待つようにしています。

感染力が強いわけではありませんから、皮膚のバリアをしっかり保つ工夫をすれば、感染の可能性を低くできると思います。スキンケアとして、カサカサ肌の方、プールに入った後などこまめに保湿剤を塗るようにしてください。

他の病気もそうですが、ミズイボも、お母さんのせいで増えるわけではありません。ミズイボをとるにしても、外用剤を塗るにしても、手間と時間そして嫌がる子どもさんにいやなことをしなければならないという精神的なストレスがかかります。ご家族で協力し、根気良く治療なさってください。

さかもと あきらさん

ご丁寧な回答を頂き有難うございました。
先生の患者に親切な説明を読んでいますと、現在の名医と
感銘を受けます(お世辞ではありません)
適切な説明と患者との話し合い、そして治療方針の決定こそが患者の憧れであり、日本が欧米に遅れている医療だと
常々感じていました。
因みにご回答頂いた「男爵医師」の回答を見て下さい。
大部分のドクターの代表的回答です。
現在の患者はドクターがお考えのほど無知ではありません。
まづはお礼まで。

うなぎ男爵 先生
皮膚科

うなぎ男爵 先生

一番よい方法は、でき始めたら数が少ないうちに取ってしまうことです。5個くらいまでなら、小さいお子さんでも結構我慢して取らせてくれますよ。とる前にペンレステープという局所麻酔のテープを張る方法もありますが、効果のほうは微妙ですね。
他には硝酸銀という液をつけて皮膚を腐食させる方法もありますが、たまに跡が残ったりするので、私はあまりやってません。内服は効きません。
困るのは小児科の先生などが「いつかは治るのだから、ほっておきなさい」といって何もせずに返してしまうことで、それで数が増えて痒くてたまらないという子もいるのです。要するに取るのがめんどくさいのだと思いますが、そういうことを言うなら、きちんと診察に来させてどれくらいの期間で消えるかを確認してほしいものですが。

月のうさぎ 先生
皮膚科

月のうさぎ 先生

お孫さんは体をかゆがっておられませんか?
掻くと皮膚に小さな傷ができてミズイボがうつりやすくなります。かゆい湿疹があればその治療をしてください。
かゆい湿疹をしっかり治療するとその周りにあるミズイボも一緒に治ってしまうこともありますよ。

大阪 認定内科医 先生
消化器科

大阪 認定内科医 先生

レーザー、内服は適当ではありません。結局、つまんでつぶすのが確実で一番安全だと思いますよ。

さかもと あきらさん

痛がっても潰すしか無いと覚悟しました。
病気はいづれも早期発見、早期治療と肝に銘じます。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

こどもの病気・症状特集

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。