声帯結節の注射の手術後について

person30代/女性 -

lock有料会員限定

12月26日に声帯結節の手術を受けました。
結節自体は小さなもので、子どもが二人がいることから、術後の沈黙が難しいと伝えると、結節を柔らかくする注射をしましょうということになりました。

診察から手術まで1ヶ月空き、その間に割りと良くなったのですが、年末年始長い休みを取れることになり(仕事をしています)、ここですっきり治してしまいたい気持ちもあり、局所麻酔で手術しました。喉の反射が強く、麻酔を3回かけました。

手術日含めて3日は声を出すことは極力控えて過ごせました。
そのあとは声を出してもよいとのことだったので、出そうとしてみてましたが、以前のようにかすれてしまい、弱々しい声しかでません。
むしろ手術直前の方が良かったので、かなり落ち込んでいます。

これはまだ術後間もないからですか?
注射の手術は傷が残らないから回復が早いと聞いていたので、想像と違い不安になっています。

結節もまだあるということでしょうか?
それとも注射の影響で、これから徐々に治っていくものですか?
手術前より悪くなるなんてことはないと信じたいのですが、あまりの出しづらさにストレスを感じています。

今は極力話さず、安静を続けています。

person_outline花と木さん
2名の医師が回答しています

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師