子宮体癌検査の所見について

person40代/女性 -

子宮体癌検査の組織診断の所見で、最後の一文が気になっています。
「標本は子宮内膜組織です。〜〜〜内膜増殖症の可能性は否定できませんが、標本の大部分は微細に断片化しており判定困難です。異形増殖症もしく悪性を示唆する細胞異型は明らかではありません。」
この最後の一文は、この標本のなかには悪性を示唆する細胞異形がなかったのか、それとも微細に断片化している等で、わかりずらいので明らかではないという表現なのでしょうか。 よろしくお願いします。 また、組織検査後、薬で生理を起こしたのですが、その後内診もなく、薬物療法の投薬説明のみの診察でした。前回内膜が厚くなっているとのことで、生理後の厚みが気になっていたので、余計に心配です。 薬物療法はプレマリンの後にプロベラを服用してそのサイクルで6ヶ月様子を見るそうです。無排卵などで内膜が厚くなってしまうと、元に戻るのは時間がかかるのでしょうか。

各回答は、回答日時点での情報です。最新の情報は、投稿日が新しいQ&A、もしくは自分で相談することでご確認いただけます。

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

協力医師紹介

アスクドクターズの記事やセミナー、Q&Aでの協力医師は、国内医師の約9割、31万人以上が利用する医師向けサイト「m3.com」の会員です。

記事・セミナーの協力医師

Q&Aの協力医師

内科、外科、産婦人科、小児科、婦人科、皮膚科、眼科、耳鼻咽喉科、整形外科、精神科、循環器科、消化器科、呼吸器科をはじめ、55以上の診療科より、のべ8,000人以上の医師が回答しています。

Q&A協力医師一覧へ

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師