Q
解決しました

膀胱内反性乳頭腫と膀胱癌の病理検査の鑑別について

TURBTを受け、病理検査で膀胱の内反性乳頭腫と診断されました。

血縁者に膀胱癌が多いため、癌を心配しています。

日本での症例の報告などが少なかったため、海外の報告もネットで探して読んでいますが、今年発表された報告では、これまでの報告を検討した結果、パピローマ後、膀胱癌発症したケースは、1000件中、2.5〜10%とありました。

また、パピローマはグレードの低い内反性の癌との識別が難しいため、病理の診断の誤りにより、パピローマ後、癌が発生している可能性も否定できないとの意見も読みました。(特に、サンプルが少ない尿管のパピローマの場合、その後、癌発症する割合が高いため)

病理の診断、確実に膀胱癌かパピローマか鑑別できるものでしょうか?

(40代/女性)

質問者:もも さん

5人の医師からの
回答があります

ひな夫 先生

ひな夫 先生による、ももさんの膀胱内反性乳頭腫と膀胱癌の病理検査の鑑別についてへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。