膀胱内反性乳頭腫と膀胱癌の病理検査の鑑別について

person40代/女性 - 解決済み

TURBTを受け、病理検査で膀胱の内反性乳頭腫と診断されました。

血縁者に膀胱癌が多いため、癌を心配しています。

日本での症例の報告などが少なかったため、海外の報告もネットで探して読んでいますが、今年発表された報告では、これまでの報告を検討した結果、パピローマ後、膀胱癌発症したケースは、1000件中、2.5〜10%とありました。

また、パピローマはグレードの低い内反性の癌との識別が難しいため、病理の診断の誤りにより、パピローマ後、癌が発生している可能性も否定できないとの意見も読みました。(特に、サンプルが少ない尿管のパピローマの場合、その後、癌発症する割合が高いため)

病理の診断、確実に膀胱癌かパピローマか鑑別できるものでしょうか?

person_outlineももさん

5名の医師が回答しています

ひな夫 先生

泌尿器科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

会員になると以下の機能が、
どなたでも使えます。

  • 医師への匿名相談(月3回まで、すぐ利用できます
  • 回答のあった医師への追加質問
  • 250万件の相談・医師回答が閲覧し放題
  • 生理日予測・管理機能

この相談の関連カテゴリ

この相談の関連キーワード

関連リンク

注目の検索ワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師