Q
解決しました

HPV口内感染の確率

再度質問です。
今回の子宮頸がん結果が、思いがけず異形成で、HPV感染と初めて知らされました。12年間ひとりとですが、毎回決まりの流れのように、挿入する前には口でという行為を行って来ました。初めからHPV保菌者であった可能性が大なので、長い年月を考え、回数を考えると、口内にウイルス感染している可能性はほぼ確実ですよね。
子宮に感染したウイルスも排除できなかったわけなので、口内のウイルスも排除できる可能性は低いとなりますか。
パートナーは12年以上前からずっと保菌し続けるということはあるのでしょうか。ウイルスの除菌、治療がないということなので、早期発見しかできることはないのでしょうか。子宮頸がんと同じように、前癌状態(異形成)などで発見することは不可能なのでしょうか。
(40代/女性)

質問者:ナミ さん

3人の医師からの
回答があります

yoiyoi 先生

yoiyoi 先生による、ナミさんのHPV口内感染の確率への回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。