Q
解決しました

急性骨髄性白血病 M2の治療経過について

急性骨髄性白血病(M2)再発(末梢血2%)に対し、CA(G)療法を行っています。
治療開始4日目  採血にてblast消失。
治療開始9日目  発熱、炎症反応も上昇を認めた為抗がん剤は中止。
治療開始11日目 発熱、炎症反応は改善傾向 WBC0.8 blast1.0という採血データ。
「blast再検出の意味」
骨髄の検査をしないと何とも言えないとは思うのですが、寛解導入の際にはblastが検出されることはありうるのでしょうか。骨髄抑制は進んできているのにblastが再検出されるということは
1抗がん剤の効果がないのか?
2骨髄抑制をすると頑張って骨髄が血球を作ろうとするので一時的に芽球が出てきてしまうこともあるのか?

2の可能性を考えたいですが、、1の可能性のほうが高いのでしょうか。。。

(60代/男性)

質問者:田中 巧 さん

1人の医師からの
回答があります

3203 先生

3203 先生による、田中 巧さんの急性骨髄性白血病 M2の治療経過についてへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,600人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,600人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。