Q

全身の慢性的な症状とストレス以外の因果関係につい

一般的にストレスが一因となり発症する全身の慢性的な症状につきご相談させてください。 
●前立腺炎(牛車腎気丸、セル二ルトン処方中) ●過敏性腸症候群(イリボー処方) ●坐骨神経痛(サインバルタ処方中)●耳管狭窄症(鼓膜切開&チューブ留置中)。
一つひとつを考えれば、耳管狭窄症は例えば鼻炎が一因と考えらえる一方、坐骨神経痛はヘルニアの疑いなしのため、はっきりしない要因もある状態です。
これら複数の症状が全身の多岐に渡り発症し、いずれも慢性化するのは、ストレス耐性が劣る、ストレスをためやすいが共通要因となると理解しています。 一方で、ストレス以外に何か考えられる共通要因があり、改善策(網羅的に効く漢方など)があればご見解をお聞かせください。
宜しくお願いいたします。
(20代/男性)

質問者:むー さん

4人の医師からの
回答があります

はっし~ 先生

はっし~ 先生による、むーさんの全身の慢性的な症状とストレス以外の因果関係についへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。